幸せを運ぶスイーツと舞台 真琴つばさ×辻口博啓

今回のゲストは、元宝塚月組トップスターで舞台・テレビ・ラジオなどで活躍する女優の真琴つばささん。2015年に芸能活動30周年を迎え今夏からスタートするトークライブツアー「X-TALK(クロストーク)」に辻口シェフがゲスト出演する縁で、今回の対談が実現しました。スイーツと舞台の共通点、お互いのバックグラウンド、そしてトークライブのアイデアなど次々と飛び交う、和気あいあいとした対談をお楽しみください。

文 編集部 写真 富田梨香

「クロストーク」への思い

辻口: まず、真琴つばささんのことを何てお呼びしたらいいでしょう?皆さんはどう呼んでるんですか?

真琴: 宝塚では色々ありますが「マミ」って呼ばれていました。マミちゃん。照れくさいですけど(笑)。「真琴」でも「つばさ」でもどちらでも。どちらかというと「真琴」が多いですね。

辻口: では真琴さん、トークライブツアー「X-TALK(クロストーク)」のゲストに僕を指名いただいたき、とても光栄なんですが、どうして僕を選ばれたんですか?

真琴: さまざまな方々と接することで刺激を得たい、ということと、来年芸能活動30周年なので、30人のゲストの方とトークをしたいと思いまして。今年夏から来年にかけてトークライブツアーを行うんですよ。

辻口: 30人も!すごいですね。

真琴: ゲストが例えば歌手の方やミュージカルの方だと、どんなライブになるか想像がつきやすいのですが、スタッフから「辻口さんは?」という提案があって。実はスイーツと宝塚って共通するものがあると思っていたんですよ、ずっと。スイーツもまず見て奇麗、宝塚も見て奇麗と思いますし、食べて美味しい、見て楽しい、みたいなところがあって。

辻口: 宝塚のきらびやかな色彩感覚や立体感、そして人に幸せを与えるところなど、似ていますね。

真琴: 宝塚の世界って、どんなに悲劇であっても、最後は必ずハッピーに終わるんですよ。豪華なフィナーレがあって。「いま私、夢をみてたんだ」みたいに思えるんです。

辻口: 「クロストーク」というタイトルは?

真琴: 宝塚を退団してから、自分で企画するライブはタイトルの頭文字がABC順になっていて、今回は「X(エックス)」。そしてトークライブをやらせていただきたい、ということで、「X-TALK(クロストーク)」というタイトルになったんですよ。

辻口: そうだったんですね。僕も今まで色々とライブでコラボレーションさせていただいたことがあって、例えば琴の生演奏をバックに飴細工アートを仕上げたり、オペラ歌手が歌う中、キャンバスにメレンゲで竜や鳳凰を描いたこともあります。

真琴: そういうアイデアはご自分で考えるんですよね?そこもいいな、と思ったんです。自分も宝塚にいるころから、プロデュースすることが大好きで。そういう観点から、辻口さんは視野が広そうだな、と。

辻口: 常に世界と対峙して、いかに地球上の人たちを喜ばせるか、というのがが僕のテーマなんです。スイーツというものが軸になって、人々にさまざまな幸せを持たらす。たとえば最近だと、糖尿病の方でもいただける砂糖不使用の美味しいチョコレートや、要介護の方向けの飲み込みやすいスイーツの開発といったこともしています。